アレルナイトプラスは妊娠中・授乳中に飲んでOK?メーカーにきいた内容とお役立ち情報シェア

アレルナイトプラスは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫? アレルナイトプラス
妊婦さん

アレルナイトプラスって、妊娠中とか授乳中にも飲んで大丈夫なのかしら?
赤ちゃんに悪い影響がないか、ちょっと心配です。

こんな疑問に答えます。

アレルナイトプラス はアトピーや皮膚の湿疹でかゆくて眠れない時、ちょっと楽にしてくれるサプリメントです。

妊娠中とか産後間もない時って、ただでさえあまり眠れないもの。その上かゆみで眠れなかったらキツいですよね。

結論、飲んでも大丈夫です!

ママさんはとにかく体力勝負。
眠れないとお子さんに対して優しく接することができなくなってくるんですよね。

だから、少しでもぐっすり寝れるように・・・できることはやっていくことをおすすめします。

女性

一応、どうして妊娠中・授乳中でもアレルナイトプラスを飲んで平気と言えるのか?をここから先で詳しくお伝えしていきますね!

妊娠中・授乳中に飲んでいい?アレルナイトプラスのメーカーに電話してみた

とりあえず、アレルナイトプラスの公式メーカーに聞いてしまうのが早いと思ったので電話してみました。

電話対応

オペレーターの人が対応してくれて、いい感じに丁寧に教えてくれましたよ。

オリエンタルバイオの電話対応やりとり

女性

すいません、ちょっと気がかりなことがあるんですが・・アレルナイトプラスって妊婦が飲んでも平気でしょうか?栄養的に控えた方がいいものがないかが心配です。

電話の女性

お電話いただきありがとうございます。
妊娠中にアレルナイトプラスをお飲みいただいても、特に問題はございません。ただ、念のためかかりつけの産婦人科の先生には一度ご相談なさることをおすすめします。

女性

てことは授乳中でも大丈夫ですよね?

電話の女性

問題ありません。
妊娠初期はお薬の副作用などでお腹のお子さんへのご心配があるかと思いますが、アレルナイトプラスは医薬品ではなく食品に該当する商品ですのでご心配には及びません。
どうぞお大事になさってください。

・・・という感じのやりとりでした。

そうそう・・・そもそもお薬じゃなくて食品なんです

アレルナイトプラスは乳酸菌サプリメントに分類されているのですが、サプリってそもそも食べ物なんですよね。

なんとなくそれっぽい形状をしてるからお薬を連想してしまうんですけど、あくまでもサプリは栄養を補助するための食品。なので副作用はないし、お腹の赤ちゃんに影響を与えるような強い作用はないってことなんですね。

女性

とはいえ、妊娠中とか授乳中に気をつけた方がいい食べ物とか栄養素もありましたよね。
ここを一度おさらいしておきましょう。

妊娠中・授乳中に注意するべき栄養素ってなんだっけ?

妊娠中に気をつけたい食べ物って?

妊娠中・授乳中には過剰摂取しちゃマズい栄養素があったと思います。

これについては厚生労働省が発表しているので、できるだけ分かりやすいようにまとめておきました。

厚生労働省からのお達しではこんな風に書かれてる

厚生労働省画像:厚生労働省

厚生労働省として、妊娠中や授乳中に注意したい食品は以下のものがあげられています。

お魚

微量に水銀が入っているそうで、あんまり食べ過ぎない方がいいんだそう。

お魚(クジラ・イルカを含む)には、食物連鎖(しょくもつれんさ)によって自然界に存在する水銀が取り込まれています。お魚などを極端にたくさん食べるなど、偏った食べ方をすることでこの水銀が取り込まれ、お腹の赤ちゃんに影響を与える可能性があることが、これまでの研究から指摘されています。

引用:厚生労働省「お魚について知っておいてほしいこと」

ビタミンA(授乳中はOK)

ビタミンAは鶏・豚レバー、うなぎ、乳製品(牛乳、バター、チーズなど)、卵などに多く含まれています。

過剰に摂取すると発達障害とかが心配。ただ妊娠初期(3ヶ月以内)に気をつければいいそうです。

健康食品やビタミンAの含有量の多い食品を多量に食べることで、腹痛、めまい、
嘔吐などの急性症状、関節痛や皮膚乾燥などの慢性症状、その他、催奇形性、骨粗しょう
症も知られています。
妊娠 3 ヶ月以内または妊娠を希望する女性は、妊婦の推奨量を超えるような過剰摂取を
しないよう注意喚起されています。

引用:食品安全委員会「ビタミンAの過剰摂取等について」

カフェイン

胎児への影響は確定してないんですが、分からないがゆえにとりあえず控えとけという注意喚起がなされてます。

もしかしたら低体重の原因になるかもしれないとのことですね。

食品からのカフェインの摂取に関しては、国際機関などにおいて注意喚起等がなされています。例えば、世界保健機関(WHO)は、2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。 また、英国食品基準庁(FSA)では、2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとして、妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

引用:厚生労働省「カフェインの過剰摂取に注意しましょう」

アルコール

アルコールは赤ちゃんや子供の発達を送らせてしまうんだそう。肝臓が小さいので分解できないということらしいですね。

妊娠中は胎盤、授乳中は母乳を通して赤ちゃんの体の中にアルコールが入ってしまいますが、ましてや赤ちゃんは肝臓が未発達ですので、なかなかアルコールは分解されません。

そうすると胎児や乳児の脳の障害や体の発育の遅れや奇形を引き起こす恐れなどが出てきます。具体的には学習能力や記憶障害や低身長、低体重などの発育障害等の形で現れてくる可能性があるわけです。

引用:厚生労働省専門家コラム「妊娠・授乳中の禁酒のすすめ」

確かに、アレルナイトプラスに気がかりな成分は入ってない

上記をふまえた上で、アレルナイトプラスの全成分ってどんな感じだっけ?というのを見てみましょう。

原材料名 マルチトール、エリスリトール、植物性乳酸菌(植物性乳酸菌(殺菌)、デキストリン)、ギャバ、ラフマ葉抽出物、アメリカンジンセンエキス、クワンソウエキス、バレリアナ根抽出物、パラチノース、デキストリン/グリシン、クエン酸、香料、ビタミンB2、パントテン酸Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンB1、葉酸、微粒二酸化ケイ素、ビオチン、ビタミンB12
栄養成分表示 (1本:2.5g当たり) 熱量:9.90kcal たんぱく質:1.46g 脂質:0.01g 炭水化物:0.99g ナトリウム:0.65㎎(食塩相当量 0.002g) ビオチン:60μg(120%)
女性

うん。なにも心配いらなそう!

むしろビタミン補給にもなるからおすすめかも

妊婦さんはつわりがつらくてなかなか食べられないことも。過剰摂取の心配ももちろん大切ですが、基本的にはしっかりバランス良く食べるというのが大事ですよね。

でもバランスの良い食事って?というとなかなか大変です。目安になる資料があったので見てください↓

参考:厚生労働省「妊産婦のための食事バランスガイド」

「こんなにしっかり色んなもの食べられないよ・・・」って思った方が多いんじゃないでしょうか?

そういう意味でいえば、アレルナイトプラスにはタンパク質、ナトリウム、ビオチンといった不足しがちな栄養素を補えるメリットもあります。

すでにアレルナイトプラスを飲んでいる人なら、妊娠した後も変わらず飲み続けるのがおすすめと言えそうですね。

とはいえ、注意した方がいいポイントもある

サプリを飲むときの注意点

「飲んでも大丈夫」
「むしろ栄養補給になる」

なんてことを書きましたが、とはいえ口に入れるものだから注意点もあります。簡単におさらいしておくと下記の3点に気をつけましょう。

  • 目安量よりも飲みすぎないこと
  • 原因不明でお腹が張る可能性もある
  • 飲むのがしんどかったら無理しない

目安量よりも飲みすぎないこと

サプリメントはお薬じゃないのでどんな飲み方をしても基本的には安全なのですが、いちおう目安量というのがあります。

その目安量は1日1本なので、それを超えて飲まないようにしましょう。

飲みすぎても効果が高まることはありませんし、コスパも悪くなるだけです。

原因不明でお腹が張る可能性もある

危険な成分が入っていないとはいっても、特に明らかな原因がなくお腹が張ってしまうことがあります。

例えば食べ物のにおいだけでお腹がきゅ〜っとしてきてしまうことがあるんですよね。

これは完全に相性の問題なので、もしアレルナイトプラスを飲んでお腹が張るようならやめておきましょう。

飲むのがしんどかったら無理しない

つわりなどの問題で飲むと気分が悪くなる、吐きそうになるという場合も無理をしないでいったんやめておきましょう。

産後落ち着いたら平気になっている可能性も高いので、それまで捨てないで取っておくと良いかもしれません。

女性

すててしまうのはもったいない。

アレルナイトプラスは妊娠中・授乳中に飲んでいい?まとめ

まとめ

この記事では乳酸菌サプリメント「アレルナイトプラス 」を妊娠中・授乳中に飲んでもいいのか?というテーマでお伝えしてきました。

妊娠すると体質も変わるので、人によってはアトピーの症状がひどくなったりすることもあると思います。(私はそんなに変わらなかったです)

そうなると夜眠れなくなるので、辛いですよね・・・

繰り返しになりますが、妊娠中はお腹の中で赤ちゃんが暴れたり、授乳中はそれこそ2時間おきに授乳で起こされたりするので、要するにあまり眠れません

さらにかゆみで寝れないなんてつらすぎる。でもステロイド医薬品は飲みたくない。

そんな時にはアレルナイトプラスのような乳酸菌サプリメントで、少しでも免疫アップに期待したいですよね。

楽しいマタニティライフを

あなたのマタニティライフが少しでも楽しくなるよう、お祈りしています!